アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

アスリートの不祥事

ここ数日報道されています国内トップアスリート(プロや五輪候補)の一連の不祥事には、本当に頭が痛くなります。

数々の報道の中、識者のいろいろな見解が異なることが分かりました。

 

本日は、プロ野球の件から考えてみたいと思います。

プロ野球界の賭博問題が、最近のスポーツ界の“負の”大きなニュースになりました。

問題がさらに大きく、具体的な事実も明らかになってきたことで、選手が先日逮捕されることにもなりました。

 

“球団旗の前”で、該当選手による涙の謝罪会見がありましたが、アメリカでは考え方、捉え方が全く異なるようです。

球団と選手の関係は、あくまで業務委託契約。

契約社会のルールに則ると、球団は被害者になる訳です。

(契約ルールに反したということで)“即刻、契約解除”が妥当であるとのこと。

しかし、この問題で日本で問われるのは、問題を起こした選手と同じくらい、『球団や日本野球機構の管理責任』。

実際にこの事件が発覚した後は、球団の選手の処分(失格処分)と共に、最高顧問、オーナー、会長といった、球団トップの辞任劇がありました。

アメリカ的な見方では、本末転倒に感じるようです。

「選手は委託の個人事業主であって、『従業員ではない』」

このスタンスが当たり前のようです。

「球団は(そこまで)管理する権利はないはずだ」・・・

正に『契約社会』です。

 

アメリカでも、MLB(野球)、NBL(バスケットボール)の選手研修のような啓発活動は、あるそうですが、それはあくまで選手会が実施し、“機構はスポンサーとして手助けする”かたちだそうです。

「良いことなので、(選手会で)どんどんやってください」

「しかし、機構はやりません」

「もちろん球団も」

「それは、我々の仕事ではない」

・・・という考え方だそうです。

 

文化や考え方の違い・・・を痛感しました。

日本人がアメリカをはじめ、諸外国の全て真似をすることはないと思います。

日本には日本の、アメリカにはアメリカの考え方や生き方があって良いと思います。

 

しかし、それを差し引いても、やはり日本は、「アスリート自身が自立していないのかな?」と改めて考えさせられました。

自分(アスリート自身)は一人の個人事業主で、一般的には社長と同じ立場なのです。

社長は誰が守ってくれるでしょうか・・・。

基本、アスリートは自分の身は、自分で守らなければなりません。

球団(会社)が守ってくれたり、一緒に頭を下げてくれると考えていたら、いつまでもたっても、責任感は育たず、今回のような事件は、繰り返していくのかも知れません。

 

アスリートの立場から、ファンやサポーターといった、「自身を支えてくれる人たちに恥ずかしいことはできない」という『責任』。

そして、

一人の人間として、“人生を丁寧に生きる”という『自覚』。

 

このような正しい考えが、個々に欠落していた(麻痺していた)ことが、このたびの事件で露呈したような気がします。