読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

機構の立ち位置

“機構”というむずかしい言葉ですが、「団体(独立行政法人など)、組織、またその組織の仕組み」を指します。

これをサッカーで考えますと、例えば・・・

公益財団法人日本サッカー協会JFA

公益社団法人日本プロサッカーリーグJリーグ

になります。

 

さて前回、アスリートの不祥事について、プロ野球のことを中心に書きました。

それとはまた別件になりますが、またあるアスリートの不祥事を考えてみたいと思います。

先週の中頃、全日本スキー連盟(SAJ)が、大麻を使用していたということで、未成年2選手のスノーボーダーを除名しました。

そのニュース記事では・・・

~SAJは27日、昨年12月の米コロラド州遠征で大麻を使用していた未成年のスノーボード男子スロープスタイルで強化指定を受けている2選手に対し、競技者登録の無期限停止などの処分を決め発表した。SAJの調査で、1人は遠征中のパーティーで外国人から勧められたと認めた。1人は関与を否定したが、毛髪検査の結果、大麻の使用が判明した。

〈そのくくりに・・・〉

スポーツ界で頻発する不祥事。特にスノーボードは過去にも問題を起こしており、SAJの監督責任は重い。~

・・・とありました。

 

またSAJによると、会員登録無期限停止は最も重い処分で、開幕まで2年を切っている平昌五輪への2選手の出場について連盟幹部は、「将来ある選手の道を閉ざしたくはない」と苦渋の表情を浮かべ、「選手が更生したなら道を開くことも視野に入っている」としながらも、「無期限なので、ここで可能性のある、ないは判断できない」と言葉を濁しました。

さらに選手強化に専念するあまり、倫理的な教育が置き去りにされているとの批判については、「真摯に受け止めている。(スポーツ界に)決していい影響を与える話ではない」と述べた上で、「世界一になれば何でもいいとは思っていない。ただ、選手を365日管理することはできない」と、連盟の置かれた立場に悩ましい表情を見せたそうです。

 

前回も考えましたが、

「機構(今回の場合はSAJ)の『監督責任』は問われるものでしょうか?」

 

今回の場合、“該当者が未成年であったこと”は、ひとつのポイントになるかもしれません。

 

今回のこのSAJの対応について、異を唱える人もいます。
 
ご自身がスノーボード元日本代表選手であった方のご意見です・・・。
「スポーツに対する信頼度に関わる問題だからこその、苦渋の判断だったのではないか」と、前置きしながらも、今回のSAJの処置に強い異議を唱えています。
 
その意義の内容の中の「SAJを学校に置き換えた例え」は、興味深いものでもありました。
修学旅行中に、生徒が不祥事を起こした ⇒その責任は? ⇒学校。
しかし、今回SAJ(学校)は何もしなかった。
これでは臭い物に蓋をしているだけであって、根本的な問題の解決になっていません。SAJの教育体制、「管理の甘さ」。

 若者に日の丸を背負わすという、並の精神力ではやっていけないからこそ徹底した教育体制が必要。

そして、その指導者をも教育していく責任がSAJにはある。

と続きます。

 

その通りだと感じます。

 

ただ、

代表選手、プロ選手は、“高い自己管理”が必要になります。

誰に頼る、任せるではなく、『本人自身』です。

 

サッカーでは、自己管理を促すのは、Jクラブ側でしょうか?

それとも、代表チームを含めた日本サッカーの中枢であるJFAでしょうか?

 

どちらにも、自己管理等の教育や啓発は、必要ではあるかとも思います。

 

先のスノーボード元代表選手の見解では、最後に次のようにつづっています。

・・・今回、選手に対して無期限停止という処罰が与えられましたけど、

正直、他の対処は無かったのかな?と疑問に思います。

私たち大人は、子どもを守る義務があります。

この守るというのは、甘やかすわけでも、問題を無いものにする事でもありません。

その子の未来を守るのです。

選手としての限られたあっという間の期間、貴重な時間で無駄にはしたくありません。

大会に出場できないということは、その子の夢に大きく影響が及ぶのは、明白。

だからこそ、選手生命を奪うような処罰は与えて欲しくありませんでした。・・・

 

ますます話が難しくなりました。

整理してみましょう。

「SAJは、“代表チームをまとめる責任”」があり、「代表選手は、“国を代表している責任”」があります。

「SAJは、代表選手である以上、(年齢が何歳であろうが)その選手を適正に処分する必要」があります。

 

代表選手は、国を代表するという大変な役割を担っています。

だからこそ、有能なアスリートがその位置(国を代表して競技をする域)に達するまでの中で、『適切な働きがけ』を行い、“代表に相応しい人格”を育てていかなくてはいけません。

 

その使命は、誰にあるでしょうか?

そして、それを為す時期はいつでしょうか?

 

私は、“義務教育プレ期の園児”の時期から、“小学生から中学生までの義務教育期間”が、大きなカギを握っていると考えています。

ここでの育ち、経験は、とても重要であり、これが将来を左右するポイントではないかと思います。

 

代表に入った後(成人の年齢に達して)も、教育や啓発は必要であるのですが・・・。

 

しかし、大切なのは育成期

この時期の子どもに関わる、親、指導者は、その責任と重要性をはっきりと認識するべきではないでしょうか。

広告を非表示にする