アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

広島ユースの取り組みから学ぶこと

先日、現U-16日本代表の森山佳郎監督が、

サンフレッチェ広島ユース監督を務めていらっしゃった時代のことを

お話しされていました。

 

ちなみに、森山監督が広島ユースを率いた時期、

2003年と2004年に、2年連続でユース三冠のうち二冠を達成し、

特に、この時期を世間からは、"広島ユース黄金時代"と呼ばれました。

(◇現在も強豪チームのひとつですが・・・

この時期の広島ユースは、正に日本のユースサッカーの先頭を走っていたといっても過言ではありません) 

 

では、なぜ強かったのか?

その原因、背景にあるものは何か?

 

多くの関係者の気になるところです。

 

あるサッカー関連の番組で話をされていましたことを、ご紹介します。

 

まず、Jユース(※Jリーグ下部組織)初、

『“全寮制”でクラブを挙げて選手育成と強化』

が実現できたこと。

 

ただ・・・優勝が続いた後、

広島をモデルにした(広島よりも)経済的に恵まれたクラブが、

こぞって見学に訪れ、“同じような強化”が全国でスタート。

さらに広島以上のことを始めたそうです。

 

そこで森山監督は、これでは、

「“ハード面”では勝てない」

「“ソフト面”で勝つしかない」

と考えたそうです。

 

ソフト面・・・つまり、『正しい理念に基づいた指導者の関わり』

 

それまであった、全国から広島への優れたプレーヤーの入団は減少。

難しい状況になってきたその中で、ぶれなかった監督の信念とは?

 

それは(“特別なプレーヤー”は集まりにくくなったけど)

『どこのチームよりも、“選手の成長率”を伸ばしてあげたい。

 それだけは、どこにも負けないようにしていきたい』

 

〈ここからは、番組メインキャスターの方との会話のやりとりをできるだけ正確に書きます〉

MC:「たぶん、どこも、それくらいの気持ちでやると思うのですが・・・

他とは(これは)違う指導法のようなものはあったのですか?」

 

監督:「他はどうやっているか、取り組みは分からないですけど・・・」

 

MC:「“育成年代を伸ばす”、“育成年代への自信”のようなものがあるのですか?」

 

監督:「ポリシーとして・・・

『チームの組織を強化して勝つ』のではなく、とにかく、

『個人を伸ばして、その“強い個”の塊で勝つ』ということがあります」

 さらに

監督:「(年齢が)下に行けば行くほど、

例えば小学生で、“組織プレー”を浸透させて戦って勝っても、

(そのプレーヤーたちが)次のステージで輝けない

 一方

監督:「小学生の時に、とにかく“個”にスポットを当てて、

その子が持ち得るべきいろいろなこと、

『テクニック』

『個人戦術』

とか

『自分自身の武器』を伸ばしてあげて、

次のステージに送り込むことが

『育成年代の指導者の一番の役割』だと思います」

 

MC:「(育成年代の考え方)それは、中学、高校に進んでも変わらないのですか?

ただ、高校生・・・18歳くらいになれば、

その考え方の割合を(ちょっと)変えてもいいのでしょうか?」

 

監督:「ちょっとだけ割合は変わると思います。

でも基本的には、僕は高校(※広島ユースの指導者)をやっている時も変わりません。

(次に)どのチームに移っても、例えば

『広島のトップに上がっても』

『他のJクラブから呼ばれても』

『大学チームに進んでも』

『どんな指導者』

『どんなシステム』

『どんなサッカースタイル』

でも、生きていけるようにしてあげたい

 

MC:「個人のベースや武器がない・・・ただ単に、

判断がそれなりに良くて、ボールが扱え、さばけるだけでは、

あまり先はないということですよね」

 

監督:「難しいことではありますが・・・

『ボールが来たら前を向く』

『前に向かってプレーする』

『ゴールに向かう』

『相手の倍走る』

『攻守の切り替えのスピードを相手より速くする』

『最後の勝負の部分で闘う』

とか 

『サッカー選手としてのベース』を太くしてあげれば

どこに行っても、どんなやり方でも、大丈夫だろうなと思います

 

 監督とMCの方との一連のやりとりを聞いていますと、

正にこれ(どこに行っても、生きていけるようにしてあげること)が、

“育成の根幹”だと感じました。

そして、偽りなくアレグランは、

この考え方と同じ想いで、今まで活動を続けてきたことを実感しました。

 

大切なことは、子どもたちの将来を創ってあげること。

子どもたちが、次のステージに進んでも困らないように育ててあげること。

次のステージのチームや指導者に、重宝されるようなプレーヤーを送り出すこと。

・・・これが、育成活動の正しい理念ではないでしょうか。

 

先回も書きましたが、この理念に則した行動をとっている指導者が、

現在、子どもたちの近くにどのくらい存在するでしょうか?

 

完璧な人間、全く誤りのない指導者などいません。

しかし、

未来のある子どもたちのために、

大人は正しい努力をしなくてはなりません。

 

自クラブ、そして自身も、さらに精進です!