アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

免許や資格で大丈夫?

先回の記事の終わりに、

 『全ては子どもたちの明るい将来に向けて』・・・

 

それを実現するために大人がすべき必要な努力・・・

“そのひとつ”が、免許や資格の取得ではないでしょうか。

 

と、まとめさせていただきました。

 

では、免許や資格は、

全てをまかなってくれるのでしょうか・・・?

 

もし、そうであるなら・・・

仮にも自身もライセンス保持者ですから、

ひとまず大丈夫になります。

 

しかし、人に物事を教えるということは、

そのように単純で、簡単なものではありません。

 

ところで現在、公益財団法人日本サッカー協会の指導者登録数を

調べてみましたら、以下の通りとなっていました。

 ●一昨年度(2014年度)…76,536人

 ○ 昨年度(2015年度)…78,570人

計算しますと、1年で “2,034人増加” していることになります。

 

さらに、12年前(←アテネ五輪の年)の集計では、

26,743人ですから、3つのオリンピックを経た後の現在は、

“約3倍近く” 増加したことになります。

*数字はS級からD級までのトータル人数です。

 

これは、とてつもない増加です!

 

ではこの12年間、日本がどれほど変化したか、振り返ってみたいと思います。

◇A代表

FIFA ワールドカップの成績](※4年に1回開催)

本大会には1998年大会より、連続して出場。

2006年、グループリーグ敗退。2010年、ベスト16。2014年、グループリーグ敗退。

[代表のFIFAランキングの推移]

2004年17位→2005年15位→2006年47位→2007年34位→2008年35位→

2009年43位→2010年29位→2010年29位→2011年19位→2012年22位→

2013年47位→2014年54位→2015年53位⇒2016年7月現在57位

*2016年以外の数字は年末(12月)のものです。

 

W杯の成績も、FIFAランキングでも、成長は残念ながら実感できません。

一方、アンダーカテゴリー(育成年代)ではどうでしょうか?

 

◇Uー17(17歳以下)代表

FIFA U-17ワールドカップ](※2年に1回開催)

6大会(※2005~2015)中、“2大会予選敗退”。

本大会に出場できた残り4大会は、2大会はグループリーグ敗退。

残りはベスト8とベスト16・・・2011年と2013年ですので、

近年結果が出た感を受けますが、昨年の2015大会は5大会ぶりにアジア予選で敗退。

 

◇Uー20(20歳以下)代表

FIFA U-20ワールドカップ](※2年に1回開催)

6大会(※2005~2015)中、“4大会予選敗退”。

本大会に出場できた残り2大会は、ベスト16が2回・・・ただこれは、

少し過去の、2005年、2007年までの2大会での結果です。

2009年から昨年2015年までは、“4大会連続アジアの壁の前に倒れています”。

こぼれ話ですが、2007年大会の後の8月。次の2年後のU-20W杯本大会に向けて、

新チーム(U-18代表)は、静岡県で開催されたSBSカップ 国際ユースサッカーと、

宮城県で開催された仙台カップ国際ユースサッカー大会で、なんと全敗で最下位。

大会中、日本代表が、開催地代表の静岡ユースと、U-18東北代表にも敗れたため、

当時のウクライナU-18代表監督が、

『国の代表より、地域の代表の方が強いなんて不思議だ』

とコメントを残しています。

 

◇五輪代表(23歳以下)代表

五輪本大会には、1996年より連続して出場。

2004年、2008年共に、グループリーグ敗退。2012年は、4位。

そして、今年2016年は・・・???

 

大ざっぱにですが、日本の代表チームを振り返ってみました。

 

「 “日本代表の結果 = この国のサッカーの成長” には、一概に直結しません」が、

ひとつの指標にはなるかと思います。

 

ライセンス保持者の数の増加が、成長につながっているのであれば、

12年間で、何か変化があっても不思議ではありません。

 

現場レベルで大きく感じるのは、指導者が

「昔と変わらない考え方で行動している」

ことと、一方で、

「頭でっかちになっている」

という、いびつな現状です。

育成環境が問題であることは、痛感します。

この現状に関しては、簡単には説明できませんので、また改めて書きたいと思います。

 

次週、3回に亘って開催されてきました、東海市立保育園保育士研修会も

いよいよ5歳児(年長児)の回で最終回となります。

この研修会を通じて、100人ほどの保育士の皆さまとお会いします。

全員の方が、有資格者の皆さまです。

免許をお持ちの方で、実際に子どもたちの前に立たれていらっしゃる方への講義は、

大変やりがいがあり、その一方で緊張感を伴いました。

なぜなら、自身が伝えた事柄が、間接的に子どもたちに大きく伝わっていくからです。

伝える立場に立てば、自ずと責任が伴います。

改めて感じますのが、「自身が○○が好きだから・・・」だけでできるものでは、

ないということです。

伝える立場に立てば、何かしらの影響が必ず発生します。

その影響が、効果となって表れます。(プラスかマイナスかどちらにも・・・)

 

ただそれは、すぐには出るものではありません。

しかし、“必ず” 表れます。

 

だから、人の前に立つ側の指導者は、勉強しなければなりません。

指導者業に、“これ” という「答え」はありません。

勉強に「終わり」は、本来ありません。

 

私がこれまでの指導者人生の中で出会ってきました、優れた指導者の方には、

同じような共通した特徴があります。

 

それは、

 ◎物事、状況を良くしたいという意欲が高い

 ◎積極的である

 ◎謙虚である

 ◎オープンマインドである

 ◎非権威主義である

などです。

 

これらは、現在の私の生きる座標軸になっています。

 

「免許や資格で大丈夫?」というこのたびの記事のまとめをさせていただきます。

自身が良い指導者になるために・・・心がけていることとは?

 

 ①スポーツや教育に対して、興味、関心を持ち続けること

 ②知ったかぶりをせずに、「知らないことは知らない」と言うこと

 ③国内外を問わず、広く知られていることがあっても、

 まるで自分のもののように言わないこと

 (◎必ず自身の目で確認したり、調べたりして表に出すこと)

 ④外では『育成は大事だ』と言っておきながら、

  実際は別な思惑(儲け、勝利や名誉欲しさ)で行動しない

 ⑤自分は一人の人間として、社会や周囲の方々の役に立つ(幸せに貢献する)

 

歳を重ねてくれば、現場での経験も自ずと増えてきます。

しかし、人の前に立つと、まだまだ自身が、

「いかに不完全か」ということに気づかされます。

私は、未だに他の人々から学ぶ “生徒” なのです。

人に物事を教えるということ・・・

この責任を自覚していれば、「現場でライセンスが必要である、なし」に関わらず、

自ずと必要な免許や資格の講習に出向くことでしょうし、

そして、(ライセンスを)取得した後も、学ぶことは止めないと思います。

それを実際に行動に移している方が、良い指導者なのだと思います。

 

極論になりますと、ライセンスがあるから良い、ないから悪いではなく・・・

 

子どもたちの将来のために、

どれだけやれるか、

“それ” が最も大切なことです。