アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

一瞬を大切に生きる

多くの方が、既にご承知のことかと思いますが、

現地時間11月28日にコロンビアのメデジン近郊で起きた航空機事故で、

ブラジルのサッカークラブ「シャペコエンセ」の

主力プレーヤー、コーチングスタッフ、チーム関係者、

そして同行した記者陣、計70名以上の方々の尊い命が失われました。

 

事故当初、墜落現場では火災が発生しなかったことから、

過去の例からみて、燃料がほとんど残っていなかったことが示唆されていました。

また、本来ブラジルからの直行便だったはずの飛行機が、

経由便になったことなど、様々なトラブルが重なったとも伝えられています。

 

そしてその後、墜落事故の原因は、燃料切れと断定されました。

操縦士は管制塔に対し、

「燃料が残り少ないので優先着陸させてほしい」

とのメッセージを送ったのですが、

ジョゼ・マリア・コルドバ国際空港の管制塔は、

燃料漏れを起こして緊急着陸を要請した別機、

ヴィヴァ・コロンビア社のFC8170便の着陸を優先させたことで、

事故機は旋回しながら着陸許可を待機。

着陸許可が出るまでに約15分かかり、燃料消費に繋がったとのこと。

〈※ニッケイ新聞社の記事を参照〉

 

一行は、11月30日に開催される南米サッカー連盟 (CONMEBOL) が

主催するクラブチームのサッカー国際大会

コパ・スダメリカーナ」の決勝に出場する予定でした。

f:id:alegruntokai:20161205022243j:plain

 

アソシアソン・シャペコエンセ・ジ・フチボウ (Associação Chapecoense de Futebol)

通称シャペコエンセ は、ブラジル南部のサンタカタリーナ州シャペコが本拠で、

同国全国選手権1部に所属。

f:id:alegruntokai:20161202213157j:plain

これまで、カンピオナート・カタリネンセ(サンタカタリーナ州選手権)を3度制覇。

今シーズンは、

日本でも指揮を執ったことのあるカイオ・ジュニオール監督の指揮の下、

コパ・スダメリカーナ2016では、クラブ史上初の決勝に進出。

この南米ナンバー1を決める試合の、決勝1stレグを戦うため、

対戦相手のコロンビアのアトレティコ・ナシオナルのホームである、

メデジンにに移動する際、この事故に遭いました。

(*クラブチーム、南米ナンバー1を決める大会として“コパ・リべルタドーレス杯”がありますが、

  欧州の“UEFAチャンピオンズリーグ”をこれに例えますと、

  「コパ・スダメリカーナ」は、「UFAヨーロッパリーグ」に相当するといえます)

 

シャペコエンセとアトレティコ・ナシオナルの2チームによって争われるはずだった

コパ・スダメリカーナ2016の決勝戦。

試合は延期となっていますが、開催はきわめて困難な状況となっています。

アトレティコ・ナシオナル側は、タイトルを譲る意思も明らかにしていましたが、

南米サッカー連盟も、これを受理する方向であるそうです。

(*コパ・スダメリカーナの優勝チームには、翌年のコパ・リベルタドーレスの出場権も与えられます)

また、コパ・スダメリカーナの王者は、

毎年日本でルヴァンカップ(旧ヤマザキナビスコカップ)の優勝チームと

スルガ銀行チャンピオンシップを戦っていて、来年も開催予定です。

(*開催時期は、J1リーグの中断期間中の7~8月です)

仮にシャペコエンセがタイトルホルダーとなれば、

来日し、浦和レッズと試合を行う可能性もあります・・・。

 

このたび事故に巻き込まれた中に、

 DF ウィリアン・チエゴ選手(元京都サンガ

 MF アルトゥール・マイア選手(元川崎フロンターレ

 MF クレーベル・サンタナ選手(元柏レイソル

 FW ケンペス選手(元セレッソ大阪ジェフ千葉

 カイオ・ジュニオール監督(元ヴィッセル神戸

 

Jリーグで活躍されたアスリート、コーチが含まれていました。

 

 搭乗していた乗客、乗員77名のうち71名が命を落としました。

事故後に行われた最初の救助作業では、

選手3名を含む6名が現場から救出されたものの、

そのうち1名も病院で亡くなりました。

 

言葉にならない、

本当に居た堪れない気持ちになります。

 

慎んで哀悼の意を捧げます。

 

 

このたびの出来事・・・

誰が予見できたでしょうか。

 

少なくとも、搭乗していたチーム関係者は、

全く想像することなく、

決勝戦に向け、勝利を想像しながら、

アウェーの地に向かっていたことでしょう。

 

ところで、

いざ、自クラブも含めた日本の子どもたちに目を向けてみますと・・・

 

「明日があるや」

 

といった気持ちで、サッカーをやっているような気がします。

 

実際には・・・

子どもたちにとっても私たち大人にとっても、

明日はありますし、

特に子どもたちにとっては、

明日がないといけません。

 

ただ、

 

 「まあいいや」

 「なんか面倒くさいな」

 「他に変わろうかな」

 

といった気持ちでサッカーをやること

・・・

 

『もったいなくないでしょうか?』

 

好きなサッカーをするために

 

 ●用具を揃えてもらい(買ってもらい)

 ●グラウンドまで運んでもらい(送迎してもらい)

 ●専門コーチに教えてもらい(指導者費を出してもらい)

たくさん援助をもらい・・・

 

それなのに

 

「今日は寒い(暑い)からやりたくない」

「難しいからもういいや」

 

は、ないと思います。

 

そのような子どもの様子をみて、

 

「合っていないようだから、“次” は、他のクラブに変わろうか・・・」

「むいてないようだから、“次” は、他のことをしようか・・・」

 

となってしまいがちな雰囲気・・・。

 

その “次” というのは、本当にあるのでしょうか?

 

Da ora combatte né per il prossimo e non è qualificato per parlare del futuro.

 「今を戦えない者に、次や未来を語る資格はない」

・・・

f:id:alegruntokai:20161205014104j:plain

 

これは、1993年度、欧州年間最優秀選手、FIFA世界年間最優秀選手を

受賞した“イタリアの至宝”、元イタリア代表⑩ロベルト・バッジョ氏の言葉です。

f:id:alegruntokai:20161205014122j:plain

 

 

繰り返しますが、このたびの飛行機事故・・・

一体誰が想像できたでしょうか。

 

命を落としてしまった方々・・・

選手も指導者も、もっともっとサッカーで夢を追い続けたかったことでしょう。

 

しかし、

その想いは、儚くも閉ざされてしまいました。

 

このような事故は、稀だから・・・

と私は決して思えません。

 

自身の明日(人生)を保証されている人は、果たしているのでしょうか?

 

限りある人生・・・ 

 

だからこそ、

 

『この一瞬を大切に生きなければいけない』

 

と思うのです。

 

一瞬、一瞬・・・

 

つまり、今を一生懸命に生きることは、

命に感謝することにもつながります。

 

今日も地区協会関連の教室で、

子どもの言葉を耳にしました。

 

 「こんなの無理・・・」

 「休憩したい・・・」

 「もう疲れた(飽きた)・・・」

 

子どもたちの口から出る、このような言葉をなくすためには・・・

 

 

大人自身が、“生きていることの大切さ”にもっと目を向けて、

そのこと(その精神)を子どもに伝えていかなくてはなりません。

 

f:id:alegruntokai:20161205021700j:plain