読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

仕事とは?

「私達は、生徒さんからお金を貰って生活をしていますので

 その子を成長させる“義務”があります」

 

 

ふと耳にした、ある『指導』を生業としている方の一言ですが・・・

 

この言葉に、何か違和感を感じました。

 

 

あくまで個人的にですが・・・。

 

 

さらにこの方の見解は、以下のようなものです。

 

「(人は)楽しくないとやる気にならない。

 練習しても、結果が出ないと苦しい。

 楽しくなるには、成功体験が必要。

 そして、成功体験とは結果です。

 例えば、その子のレベルに合った練習試合を組んで

 成功体験をしてもらう。・・・」

 

 

一見、全て頷けるものです。

 

 

 

ただ、私にはやはり違和感を感じてなりませんでした。

 

 

「何が?」

 

かといいますと、

 

ここで登場します

 

“成長”

 

というキーワードは、

 

正に私、アレグランの目指す頂(◎目標)になりますが・・・

 

f:id:alegruntokai:20170407201937j:plain

 

 

“成長”とは・・・

 

そんなに、容易く手に入るものでしょうか?

 

f:id:alegruntokai:20170407202621j:plain

 

成長とは努力の結晶 であり、

 

短期間で簡単に手に入るようなものでは、

 

そもそもありません。

 

f:id:alegruntokai:20170407203851j:plain

 

 

 

例えば、ガーネットという宝石があります。

 

 

ガーネットが出来上がるには・・・

 

既存の岩石にマグマの侵入があり、

 

温度の上昇とマグマの流出する溶液、

 

この両者により、元の岩石が再結晶したもの、

 

それが、ガーネットです。

 

f:id:alegruntokai:20170407204129j:plain

【写真】レインボー・ガーネット…七色の虹色の光沢によって虹色に輝く、柘榴(ざくろ)石の変種です。

 

 

さらに、その原石を研磨することで、

 

見事な“輝き”を放ちます。

 

f:id:alegruntokai:20170407204211j:plain

 

長い年月と過程を経て、

 

輝く石へと変化を遂げるのです。

 

 

 

 

話は戻り、

 

単純に結果が出るもの(短期間で生み出されるもの)・・・

 

それは何でしょうか?

 

 

私は、それを成長とは考えていません。

 

 

では、成長しない時期をいかに過ごすのか・・・。

 

ここで(成長が実感できない時に)、

 

自信をつけさせるために、力量の弱い相手と試合をさせること

 

で、本当に自信がつくのでしょうか?

 

 

実際に、

 

私のクラブでも過去に、

 

同じようなご意見を述べられる保護者の方がいらっしゃいました。

 

 

 

弱い相手と試合を組む・・・。

 

 

弱い相手を探すこと自体、

 

自チームの子どもたちにとっても

 

相手方に対しても

 

(そのような考えを持つこと自体)失礼に感じるので

 

私はできません。

 

 

逆に、育成年代の試合を含め、

 

“経験”は、多くの意味を為すと考えています。

 

 

実は、

 

「負けること、上手くいかないこと」

 

を経験することこそが、将来へ大きな糧になります。

 

 

一方で、

 

「負けるから」

 

「嫌な思いをするから」

 

だから見合った相手と試合を組むことは、

 

本当に子どものためになるのでしょうか?

 

 

子どもが負ける姿を目の当たりにすることは、

 

親として、指導者としても、

 

その瞬間は心が痛みますが、

 

それ(その時の痛み)に、子どもも大人も耐えることが大切です。

 

f:id:alegruntokai:20170407211338j:plain

 

 

そしてそのこと(成長のために我慢すること)の必要性を

 

保護者に説くことが、

 

指導者の務めではないでしょうか。

 

 

もちろん、

 

行き詰っている子どもに対しても必要です。

 

 

「なぜ負けたのか?」

 

「なぜ上手くいかないのか?」

 

そして

 

『次から何をしなければいけないのか』

 

を正しく説く必要があります。

 

 

さらに、

 

「今は負けてもいいんだ」

 

ということも・・・。

 

f:id:alegruntokai:20170407225254j:plain

 

(㊟適当にやって「負けてもよい」ということではありません)

 

 

 

 

その

 

『“真の部分”を説くこと』

 

こそ、

 

指導者の役割であり、

 

“仕事” ではないでしょうか。

 

 

そして、

 

そのことには膨大なエネルギーを要します。

 

なかなか納得が引き出せず、苦労します。

 

残念ながら我慢ができず、辞められる方を見送ることもあります。

 

 

そんな時、

 

指導者として、傷つき、疲れ、へこたれそうにもなります。

 

f:id:alegruntokai:20170407211940j:plain

 

 

しかしそれでも、

 

前を向いて、真実を追求していくことが大切になります。

 

 

では、

 

それ(苦労)は、何のためでしょうか?

 

・・・

 

それは子どもたちの

 

『十数年後の成長した姿』

 

を実現するためです。

 

 

その姿を想像し、指導者自身が楽しみながら

 

f:id:alegruntokai:20170407212324j:plain

 

本人(子ども)と保護者の喜びへ導くことが

 

私たちの仕事の目標です。

 

 

 

 

結論です。

 

 

『仕事は義務ではなく、喜びのためにするもの』

 

です。

 

 

 

ちなみに、

 

このたび取り上げたガーネットの石言葉は・・・

 

「真実・忠実・勝利」

 

などです。

 

f:id:alegruntokai:20170408002523j:plain

 👆これもガーネットの柘榴石の変種、レインボー・ガーネットを使用したものです。

 

 

 

私が考える仕事とは・・・

 

真実を追求し、

 

忠実にこなし、

 

最後に勝利(喜び)を手に入れること

 

だと信じています。

 

f:id:alegruntokai:20170407223852j:plain

 

広告を非表示にする