アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

【短編】夏休みに想う・・・ ~楽して手に入るものはない~

気がつけば、

 

子どもたちの夏休みもあと少し。

 

 

ついこの間、夏休みがスタートしたかと思えば、

 

もう残り10日。

 

 

時間が経つのは、本当に早いです。

 

 

 

今夏の休み前に、

 

下の1年生の娘が、小学校から観察セットを持って帰りました。

 

 (そういえば現在4年生上の娘も、当時持って帰っていました)

 

 

f:id:alegruntokai:20170823101253j:plain

 

しかし・・・

 

 

残念なのは、

 

その後です。

 

 

 

肝心の水やりを怠ります・・・。

 

 

 

“夏の花”である朝顔の特徴は、

 

多くの方がご承知の通り、

 

「水を欲しがる」

 

ということです。

 

 

 

ベランダの朝顔は、

 

みるみる萎れていきました。

 

 

 

見かねた私は、

 

ある時から水やりを始めました。

 

 

娘の尻拭いをしたいからではなく・・・

 

 

まず、

 

朝顔が可哀想だったから。

 

 

 

娘に言おう言おうと何度も思いました。

 

 

しかし・・・

 

言われて水をやっても意味がありません。

 

 

反対に

 

自分自身が水をあげていなことにいつ気づくのか・・・

 

その“気づき”を、私は待っていました。

 

 

ただ一向に、気づく気配もありませんでした。。。

 

 

 

そして数日後、

 

一時は弱っていた朝顔から

 

きれいな花が咲きました。

 

f:id:alegruntokai:20170823111710j:plain

 

そしてそれを見た娘は

 

朝顔が咲いてる~」

 

です。。。

 

 

 

呆れ果てて・・・

 

声も出ませんでした。

 

 

 

ただ放っておいては、問題です。

 

 

 

一度枯らしかけたことを知らず、

 

花が咲いたことを喜んでいるようでは・・・

 

先が思いやられます。。。

 

 

 

後悔した娘は

 

涙ながらに水やりを誓いました。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

しばらく水やりを続けていましたが・・・

 

 

 

やはり毎回はできず忘れがち・・・。

 

 

 

 

ポット(鉢)の土の状態を

 

「乾きがないか」

 

葉や茎の様子をチェックして

 

「弱っていないか」

 

注意を払いながら、

 

適宜、水を(時に肥料も)与えていました。

 

 

 

そうしていると・・・

 

朝顔は順調に育ち

 

f:id:alegruntokai:20170823114726j:plain

 

実が生りました。(種をつけました)

 

 

 

それ(種をつけた朝顔)を見た娘は、当然大喜び・・・。

 

 

 

『結果』

 

が出たからです。

 

 

 

しかし・・・

 

その結果は

 

“自分”の根気

 

“自分”の努力

 

で得た結果でしょうか?

 

 

 

明らかに違います。

 

 

 

他人によって叶えられた結果は、

 

ただの『カタチ』

 

でしかありません。

 

 

 

また一方で人間は、

 

カタチ(結果)が大好きです。

 

 

 

にも関わらず、

 

 

コツコツと努力すること

 

は苦手です。

 

 

 

だからついつい

 

楽をして利を得よう

 

とします。

 

 

 

 

しかし、

 

それで一体何を得るのでしょうか?

 

 

 

 

殊更

 

サッカーという足という日常生活の中において

 

「複雑なことに用いない部位」を使い、

 

“繊細なボールタッチ”を求められます。

 

f:id:alegruntokai:20170823130340j:plain

f:id:alegruntokai:20170823130435j:plain

 

 

 

では、

 

そのボールタッチは

 

インスタントのように、簡単に手に入るでしょうか?

 

 

 

また

 

誰かに賄ってもらうことができるでしょうか?

 

 

 

・・・できませんね。

 

 

 

自分で手に入れる以外、方法はありません。

 

 

 

正しいことを意識しながら

 

その繰り返し、

 

また繰り返し、

 

・・・

 

反復練習を通して、

 

“正しいボールの置き場所”が、

 

身についていくものです。

 

f:id:alegruntokai:20170823131229j:plain

 

 

何の苦労もせず、

 

花や実が生るのを待っているだけでは・・・

 

その日は残念ながらおとずれることはありません。