アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

restart! “正しく観る、判断する”

f:id:alegruntokai:20181228215451j:plain

restart

 

リスタート・・・

 

再開させること、再出発すること。

 

またサッカー中継では

 

「素早くリスタートしてゴールに仕掛ける」

 

との文言をよく耳にします。

 

・・・

 

ですので、

 

スピードが重要視される現代サッカーにおいては

 

リスタートが肝心ともいえます。

 

f:id:alegruntokai:20181229002048j:plain

 

 

 

前置きが長くなりましたが

 

私のブログも今までにない

 

長いお休みからの

 

再スタートです。

 

f:id:alegruntokai:20181229002642j:plain

 

 

 

このリスタート時に何を書くか

 

考えていました。

 

 

 

 

そこで思いついたのが

 

目と頭

 

です。

 

 

 

そこでまず今回は

 

次の2つの画像を載せたいと思います。

 

 

 

f:id:alegruntokai:20181228221419j:plain

f:id:alegruntokai:20181228221351j:plain

 

 

 

2枚の画像とも

 

私の住まいの近くの風景です。

 

 

 

では、

 

どちらが

 

「明け方」で

 

どちらが

 

「夕方」でしょうか?

 

 

 

非常に見分けがつきにくいかと思います。

 

 

 

・・・

 

 

 

答えです。

 

 

 

 

上(1枚目)が夕方で

 

下(2枚目)が明け方になります。

 

 

 

空(気象)に詳しい方は一目瞭然だったかと思いますが

 

ぱっと見では、よく分からないのが現状ではないでしょうか。

 

 

 

で・・・

 

何をお伝えしたいか

 

といいますと・・・

 

 

『沈もうとしているのか』

 

『昇ろうとしているのか』

 

ぱっと見ではよく分からないものだということです。

 

 

だから・・・

 

人は往々にして

 

景色が薄暗い様子

 

 

地平線近くにある太陽の位置

 

など

 

“眼(目)で捉えたその画像”

 

 

“雰囲気”

 

で判断しがちです。

 

 

例えば

 

自身やわが子に

 

才能があるやないなどということも・・・。

 

 

 

自分が現在思っている(感じている)ものが

 

実は真実ではない場合も往々にしてあります。

 

 

 

一喜一憂してはいけません。

 

 

見誤ってはいけません。

 

 

慎重に正しく認識しなくてはなりません。

 

 

 

早急に結論を出すのではなく

 

しばらく待って様子を観ることも

 

時には必要なことでもあります。

 

 

 

大切なこと(重要視しなくてはいけないこと)は

 

『これからどうなっていくか』

 

という部分なのです。

 

 

 

しかし繰り返しますが、

 

人間は

 

「もうダメ」

 

「無理」

 

と、簡単に見切りをつけることが多々あります。

 

 

 

例えば、

 

先の画像であれば

 

実際はもうすぐ日が昇りそうなのに

 

「あれは夕焼けだ・・・もう日が沈んでしまう」

 

と見切りをつけることさえあります。

 

 

 

もったいない。。。

 

 

 

ではどうすればよいのか?

 

 

 

それには、

 

現状を正しく観ることが大切になってきます。

 

f:id:alegruntokai:20181228231901j:plain

 

まず、眼でよく観察するという部分です。

 

 

 

そして次に

 

違いを見分けるということです。

 

 

つまり、脳で判断する部分です。

 

f:id:alegruntokai:20181228235741j:plain

 

 

その判断で大切になるのが・・・

 

『基礎知識』

 

 

『認識力』

 

です。

 

f:id:alegruntokai:20181229000458j:plain

 

 

 

まず今回のケース、

 

朝焼けと夕焼けを考えてみましょう。

 

 

少し科学的になります。

 

 

光の散乱についてです。

 

 

太陽光の中の青い光が最初に散乱されます。

 

 

朝や夕方になり太陽が斜めに差し込むと

 

その青い光が途中で散乱、また吸収により少なくなっているため、

 

残っている黄色やオレンジの光の散乱が起こるようになります。

 

これが、朝焼けや夕焼けで空がオレンジ色になる理由です。

 

 

 

朝も夕方も同じオレンジのように見えますが、

 

朝焼けと夕焼けの違いをもたらす原因があります。

 

 

それは

 

ミー散乱

 

と呼ばれるもの。

 

 

ミー散乱とは、雲や霧が白く見えたりする場合に起こっている散乱で、

 

比較的大きな粒子により起こるそうです。

 

 

昼間は地表は太陽光で熱せられて上昇気流が起こるので、

 

埃(ほこり)や塵(ちり)が巻き上げられます。

 

この埃や塵が、ミー散乱を起こし

 

夕暮れにはもやがかかっているように見えるのです。

 

 

そして特に秋は、

 

「空気が澄んでいる」ため、

 

夕焼けがひと際鮮やかに見えるのだそうです。

 

 

 

・・・

 

 

 

今回は

 

気象の話が中心になりましたが

 

これを私は

 

日常に置き換えたいのです。

 

 

「もうダメだ」

 

と思うのか

 

「まだ大丈夫と思うのか」

 

・・・

 

その先は

 

簡単には決めることができません。

 

 

しかし、

 

真実はあります。

 

 

あなたの目の前に見えているものは真実でしょうか?

 

それとも偽物でしょうか?

 

 

f:id:alegruntokai:20181229012521j:plain

 

 

私は

 

そして

 

アレグランは

 

本物でありたい。

 

 

それを皆さんに感じていただきたい。

 

それを感じていただけるようなものを出していかなくてはいけない。

 

 

ブログを休んでいる間、

 

それを感じていました。

 

 

 

ただ・・・

 

それと合わせて、

 

もっともっと全体に

 

周りに(国中に)

 

違いが分かる人が増えて欲しい。

 

 

感覚やその場の雰囲気で

 

物事を測らないでいただきたい。

 

 

それはアレグラン云々の問題ではなく

 

この国の子どもたちの将来に関係する大きな問題だからです。

 

 

 

子どもたちの周りに集う

 

大人の正しい目と判断が求められています。

 

f:id:alegruntokai:20181229012138j:plain