アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

副審について考えます ~ラインズマン?~

つい先日、

 

とある動画サイトを観ていましたら

 

驚くような映像が目に入ってきました。

 

 

それは・・・

 

あるサッカー先進国の

 

公式試合での一場面です。

 

 

fifaranking.net


 

 

今回のテーマになる国のサッカーリーグについて

 

簡単にご紹介します。

 

 

その国とは

 

スコットランドです。

 

f:id:alegruntokai:20190128181525j:plain

 

 

スコティッシュ・プレミアシップ (Scottish Premiership) は、

 

スコットランドのサッカーリーグです。

 

 

スコットランドの最上位に位置するサッカーリーグであり、

 

現在12のクラブで構成されています。

 

 

設立は、2013年。

 

 

?!

 

 

日本のJリーグは

 

1993年ですから

 

・・・

 

日本の方が先輩?

 

 ・・・

 

いえいえ違います。

 

 

1997年、当時のスコットランドのトップ10クラブは、

 

スコティッシュフットボールリーグから脱退し、

 

新リーグを設立。

 

 

そして、

 

その新リーグをスコティッシュ・プレミアリーグとしてスタート。

 

 

2000-01シーズンに、クラブ数を12に増やします。

 

 

さらに2013年6月27日、

 

スコティッシュ・プレミアリーグ

 

スコティッシュフットボールリーグと再び統合され、

 

現在に至っています。

 

 

つまり、先に述べました

 

スコティッシュ・プレミアシップは、

 

スコットランドのサッカーリーグの最上位カテゴリー(*1部)

 

日本では、J1リーグに置き換えることができるかと思います。

 

 

元々、スコットランドのサッカーリーグは1890年創設。

 

FA(イングランドフットボールリーグ)に次いで

 

世界で2番目に出来たサッカーリーグです。

 

 

f:id:alegruntokai:20190128184133j:plain

 

かつて、この国のリーグに日本人が所属し、

 

大活躍しました。

 

 

中村俊輔 選手(現ジュビロ磐田)です。

 

 

セルティックFCで、数々の素晴らしいプレーを披露しました。

 

youtu.be

 

 

ところで

 

サッカー先進国といえば・・・

 

瞬時に浮かぶのは(*様々なイメージや考えがあるかと思いますが)

 

アルゼンチン、イタリア、イングランド、スペイン、ドイツ、ブラジル、フランス、…

 

といったところでしょうか。

 

 

では、スコットランドは?

 

 

この記事を書いています現在・・・

 

FIFAランキング

 

日本は50位で

 

スコットランドは38位。

 

 

そして、

 

歴史の面からいってもスコットランドは(日本と比較しますと)

 

“サッカー先進国”と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

さて、本題に入ります。

 

昨年のことになります。

 

スコットランド・プレミアシップ(1部リーグ)のある試合で、

 

副審が主審にレッドカードを出される事件(?)があったのを

 

ご存知でしょうか。

 

www.football-zone.net

 

 

この動画は、

 

某動画投稿サイトにも挙がり、

 

思わず観てしまいました。

 

 

まず、気になったのは

 

・・・

 

動画の主題

 

「“ラインズマン”がレッドカードで退場」というタイトル

 

です。

 

 

ラインズマン

 

・・・。

 

 

f:id:alegruntokai:20190129214519j:plain

 

 

・・・・・・

 

 

f:id:alegruntokai:20190128191403j:plain

 

マン(man)・・・・・・・・・。

 

 

画像のように担当が女性であれば、

 

“man”

 

なのでしょうか?

 

 

自ずと違和感を覚えます。

 

 

例えば、

 

アニメのキャラクター、特撮ヒーローもの、職業、

 

世の中の大半の~マンは

 

凡そ、

 

“男”を表してはいないでしょうか?

 

 

先のアシスタントレフェリーの画像は

 

敢えて、女性のアシスタントレフェリーを載せました。

 

 

そこで・・・

 

もう一度考えてみてください。

 

 

画像の女性レフェリーは

 

“man”

 

なのでしょうか?

 

 

ジェンダー(*性区別)論になると

 

今回の場合、論点が逸れてしまいますので、

 

ここでは焦点をサッカーだけに絞ります。

 

 

なぜ、ラインズマンなのでしょうか?

 

 

それは、

 

「昔(以前)からそのように呼んでいたから」

 

というのが多数の意見かと思います。

 

 

実際に、

 

先の某動画投稿サイトに思い切ってコメントを投稿したところ・・・

 

いろいろな反響がありました。

 

 

私の見解に否定的な意見(*無関心も含め)の方も

 

いらっしゃいました。

 

 

その例を少し紹介します。(*文はそのままです)

 

「昔はラインズマンが当たり前・・・

 級(←審判ライセンス)取りにいっていなかったら知らんかったし」

 

ラインズマンではなく、

 アシスタントレフェリーと呼ぶのが最近の常識ではありますが、

 身内では『誰がライマンやる?』なんて普通に言いますね」

 

・・・ 

 

文面から推測して、

 

投稿者の方々はサッカー経験者で

 

現在も何らかの形でサッカーに関わっていらっしゃる

 

ことも間違いないところです。

 

 

しかし・・・

 

大変申し訳ないのですが、

 

投稿者の方々の認識の低さに呆れてしまいました。

 

 

このことに関しては、

 

JFAの姿勢も大きく(負の意味で)関与しているように感じます。

 

日本サッカー協会は、

 

JFA選手登録者 = サッカーファミリーの数』

 

と捉えているようですが・・・

 

それは本当に、“サッカーファミリーの数”と呼べるのでしょうか?

 

 

育成年代の2種、3種、4種のカテゴリーも同様です。

 

サッカーをやっている(選手登録している)

 

ということが、

 

何か、日本のサッカーの向上に繋がっているのでしょうか?

 

 

「(数が)いないより、いたほうが良い」

 

「(サッカーに)触れていないより、触れていた方が良い」

 

ということでしょうが・・・

 

ただ単に、登録者(競技者)数が増えれば、

 

それで良いのでしょうか?

 

 

大切なことは

 

『どのような人間を増やすか』

 

が、とても重要なポイントではないでしょうか?

 

(この件に関してはまた別の回で書きたいと思います)

 

 

 

話は戻ります。

 

先の投稿者の方々・・・

 

『だから良いのでしょうか?』

 

昔からラインズマン」とそう呼んでいるから?

 

ラインズマン」と周りではそう呼んでいるから?

 

だから良いのでしょうか?

 

 

manとは

 

humanという単語があるように

 

“人間”

 

を表す言葉でもあります。

 

 

しかし、

 

これも昔々より

 

人は知らず知らず、

 

男性中心の考えの中で生きてきたことの表れ

 

ともいえるのです。

 

 

これだけ広く

 

女性がサッカーをすることが認知されている世の中です。

(☞もちろん、昔からそうあるべきでしたが・・・)

 

 

この現在の状況を考えますと、

 

サッカーを取り巻く人々の観念を

 

何とかしなくてはならないと、

 

私は強く感じるのです。

 

 

日本でも

 

なでしこジャパンの活躍が、

 

飛躍的に女子サッカーの人口を増加させました。

 

 

だからこそ、女性の立場を考える必要があります。

 

 

当たり前に女性を尊重する(大切にする)意味からも

 

ラインズマン

 

という名称を変えるべきではないでしょうか。

 

f:id:alegruntokai:20190129150814j:plain

 

 

さらに、

 

現代サッカーにおいてアシスタントレフェリー(副審)の任務は大きく広くなり、

 

“ライン付近”に位置し、

 

「その辺りを行ったり来たりしておけばよい」わけでは

 

決してありません!

 

f:id:alegruntokai:20190129212153j:plain

 

ここで、今一度副審の任務を確認してみましょう。

 

[副審は、次のときに合図をする]

 ◦ ボール全体が競技のフィールドの外に出たときに、

 どちらのチームがコーナーキッ ク、ゴールキックまたはスローインを行うのか。

オフサイドポジションにいる競技者が罰せられるとき

◦ 競技者の交代が要求されているとき 

ペナルティーキックのとき、

 ボールがけられる前にゴールキーパーゴールラインを 離れたかどうか、

 またボールがゴールラインを越えたかどうか。

 追加副審が任命された場合、副審はペナルティーマークの延長線上に位置する。

 

副審の援助には交代の進め方の監視も含まれる。

副審は9.15m(10ヤード)の距離をコントロールする援助を行うために、

競技のフィー ルドに入ることができる

《サッカー競技規則 2018/19 第6条》

 

 

 今回は、

 

ラインズマン

 

という、その考え方についての問題点を炙り出しました。

 

そして、

 

副審に対する概念を変える必要性について述べました。

 

 

次回は

 

今回は触れることができませんでした

 

問題の動画の内容に関して、深掘りしたいと思います。

 

f:id:alegruntokai:20190129213453j:plain