アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

2020 J再開

公開が遅れましたが、

 

新型コロナウイルスで休止していました

 

Jリーグの再開直後節(2020 J1 第2節)の

 

いくつかの試合について検証したいと思います。

 

 

 

❶まずは、

 

神戸 VS. 広島

 

www.jleague.jp

 

前半34分のシーンです。

 

f:id:alegruntokai:20200807205537j:plain

f:id:alegruntokai:20200807205606j:plain

f:id:alegruntokai:20200807205524j:plain

f:id:alegruntokai:20200807205813j:plain

 

広島が左CKを獲得。

 

ボールをセットし、蹴るのは森島 選手⑩。

 

蹴りこまれたボールは、ニアサイドでハイネル 選手㊹へ。

 

そのボールをハイネル 選手が頭で触れてコースを変えると、

 

ゴール前で待ち構えていたのは、レアンドロペレイラ 選手㊴。

 

冷静に左足で合わせて先制点を挙げます。

 

 

 (おそらく)ゾーンで守っている神戸ディフェンス。

f:id:alegruntokai:20200812183656p:plain

アサイドにボールが入り・・・ほぼ全員がボールウォッチャーになり、、

f:id:alegruntokai:20200812183746p:plain

ゴール前の相手選手を見失います。。。

f:id:alegruntokai:20200812183802p:plain

 

 

 


【公式】ハイライト:ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島 明治安田生命J1リーグ 第2節 2020/7/4

[🎦0:40付近から]

 

 

 

 

 

❷次に、

 

大分 VS. 鳥栖

 

www.jleague.jp

 

後半21分のシーンです。

 

f:id:alegruntokai:20200807211238j:plain

f:id:alegruntokai:20200807211331j:plain

f:id:alegruntokai:20200807211352j:plain

f:id:alegruntokai:20200807211533j:plain

f:id:alegruntokai:20200807211553j:plain

f:id:alegruntokai:20200807211617j:plain

f:id:alegruntokai:20200807211641j:plain

 

大分GK高木 選手①が、左サイドにロングフィードします。

 

そのボールをFW知念 選手⑨が抜け出して、敵陣深くでボールを受けます。

 

そして、後方にサポートに来た香川 選手②にバックパスし、

 

その香川 選手が精度の高いクロスボールを供給。

 

田中 選手⑪が反応してゴール前でヘディングシュートを放ち、

 

そのボールは、ゴール右へ決まります。

 

 

左サイドに目線が集中・・・

f:id:alegruntokai:20200812182717p:plain

マーカーを見失い・・・

f:id:alegruntokai:20200812182733p:plain

ボールが中央に届いた時には手遅れに。。。

f:id:alegruntokai:20200812182747p:plain

 

 

 


【公式】ハイライト:大分トリニータvsサガン鳥栖 明治安田生命J1リーグ 第2節 2020/7/4

[🎦1:10付近から]

 

 

 

 

❸最後に

 

川崎 vs. 鹿島

 

www.jleague.jp

 

前半30分のシーンです。

 

f:id:alegruntokai:20200812173418j:plain

f:id:alegruntokai:20200812173440j:plain

f:id:alegruntokai:20200812173504j:plain

f:id:alegruntokai:20200812173533j:plain

f:id:alegruntokai:20200812173553j:plain

f:id:alegruntokai:20200812173616j:plain

f:id:alegruntokai:20200812173644j:plain

f:id:alegruntokai:20200812174647j:plain

f:id:alegruntokai:20200812174712j:plain

 

右サイドの敵陣中央から、

 

川崎のMF家長 選手㊶が、正確なクロスボールをペナルティエリア左側へ供給。

 

これを受けた長谷川 選手⑯が上手くボールをコントロール

 

左足での力強いシュートをゴール右のサイドネットに突き刺します。

 

 

背後に相手選手がいることに気づかずに・・・

f:id:alegruntokai:20200812181350p:plain

目線は中央の相手選手に・・・(※CBとRSBの2人ともが中央の選手に気を取られ)

f:id:alegruntokai:20200812181405p:plain

ボールが到達した時には、手遅れに。。。

f:id:alegruntokai:20200812181417p:plain



 


【公式】ハイライト:川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第2節 2020/7/4

[🎦0:40付近から]

 

 

 

 

 

中断明けのJ1リーグの初戦、

 

3試合をピックアップしましたが、

 

選手の明らかな

 

“ズレ”

 

を感じました。

 

 

 

それは、

 

試合感覚というものでしょうか。

 

 

 

ディフェンス時のセオリーの一つとして、

 

ディフェンダー

 

  ボールウォッチャーになってはいけない』

 

というものがあります。

 

 

 

オフェンスプレーヤーは、

 

マークをずらす(ディフェンダーの目を逸らす)ことを

 

目的に動いてきますので、

 

ゴールシーンは自ずと

 

今回のような、相手の術中に嵌ったシーンになるのですが・・・。

 

 

 

ただ、

 

その術中に嵌ってはいけません。

 

 

 

ボールと相手プレーヤーを常に視界において、

 

相手の攻撃をブロックする必要があります。

 

 

 

再開から一か月余りが経過したJリーグ。

 

 

 

新型コロナウイルスの影響で、

 

充分な強化ができない中、

 

さらにこの暑さです。

 

www.fnn.jp

 

 

そして、

 

週2回の過密日程。

 

 

 

過酷な状況下におかれています。

 

 

 

ただ、

 

待ちに待った公式戦の再開です。

 

 

 

プレーヤー、コーチングスタッフの方々の健康を祈りながら、

 

各チームの良いプレーを期待したいと思います。

 

 

f:id:alegruntokai:20200812193713j:plain