アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

直に試合を観て感じるもの

先日、わが子と一緒に少し足を伸ばし、県外に試合を観に行きました。

 

 

目的は、お世話になっていますあるチームを応援するためです。

 

 

このチームは、大学サッカーチームですので、

 

わが子にとっては、

 

(対象)年齢は大きく離れています。

 

 

 

10年後・・・

 

長女は二十歳。

 

f:id:alegruntokai:20171004154445j:plain

 

正に、大学生の年齢に達しています。

 

 

この先もサッカーを続けていくとすれば・・・

 

女子大生プレーヤーになっているのでしょうか。

 

f:id:alegruntokai:20171004160031j:plain

 

全く想像がつきません。

 

 

ただ、

 

日に日に子どもは成長しています。

 

 

 

それはわが子だけでなく、

 

クラブに集う子どもたちも一緒です。

 

 

 

子どもは、ある日突然大人になるわけではありません。

 

 

 

ですから、

 

一方で大人になる準備・・・

 

 

具体的には

 

「どのようなイメージを持って大人に近づくか」

 

が、

 

絶対に必要になります。

 

 

 

しかし、

 

先のことは、誰も分かりません。

 

 

実際に

 

「どんな大人になるのか」

 

「どんな仕事に就くのか」

 

・・・

 

あまりにも幼いわが子を目の前にしますと

 

イメージができません。

 

 

 

年齢の低い本人自身も

 

将来の姿をイメージすることはできないことでしょう。

 

 

 

でも・・・

 

先のことは今はまだよく分からなくとも

 

『理想的な将来の姿を目の当たりにする』

 

ことで、きっと何かを感じるかと思います。

 

 

目で観て・・・

 

心で感じる・・・

 

 

これがきっかけになるのです。

 

 

そのきっかけの源は、

 

やはりグラウンドにあります。

 

f:id:alegruntokai:20171018221645j:plain

 

 

サッカーを“直に”観ること。

 

 

特に

 

理想となるプレーヤーやそのチームを観ることは

 

大きな“気づき”

 

となります。

 

 

近年インターネットが普及発展したことで、

 

様々なデバイスを介して、容易に且つ手軽に、

 

国内外の試合を問わず、画面を通して

 

サッカー観戦ができるようになりました。

 

 

f:id:alegruntokai:20171018085530j:plain

 

 

ただ・・・

 

試合の現場で

 

自身の目と心で

 

サッカーを観ること

 

・・・

 

これに優るものはありません。

 

f:id:alegruntokai:20171018221136j:plain

 

 

 

そしてそこで目にするものは・・・

 

実は、正しいことばかりでもありません。

 

 

例えば、

 

プロ、エキスパートの試合では、

 

下品な観戦者(サポーター?)の態度や言動。

 

勝負に徹するために、

 

乱暴、粗野なプレーヤーの振る舞い。

 

 

 

育成年代の試合では、

 

わが子可愛さのため(?)の

 

応援席からの保護者の行き過ぎた言葉。

 

同年代の子どもが施設(例えば、壁やフェンス、ネット)に向かって

 

ボールを蹴るなどマナーの悪さ。

 

 

試合会場にあるもの全てが、

 

子どもにとって有意義なものとは限りません。

 

 

しかし、

 

反面教師という言葉もありますように

 

先に挙げました目を覆いたくなる光景も含め、

 

どんなものも“自身の糧”になります。

 

 

 

良くないものであれば、

 

「自分は、そうならないように気をつける」

 

ための戒めになります。

 

 

 

しかし、

 

残念な事ばかりがあるわけではありません。

 

 

グラウンドには、

 

スコア(勝敗)を超えた

 

素晴らしい真実があります。

 

 

勝利を目指し、

 

ひたむきに全力で

 

プレーするプレーヤーの姿は、

 

観る者の心を揺さぶります。

 

 

 ●全力でプレーする(= 一生懸命取り組む)

 

 ●強者に立ち向かう(= 困難な状況にも、怯まず立ち向かう)

 

 ●仲間と助け合う(= 個々の長所短所をチームで補完する)

 

 

・・・

 

これらは、サッカーという枠を超え、

 

学校生活

 

また

 

将来の仕事の場面

 

に必ず活かされます。

 

 

 

人生を生き抜く上において重要なポイントが、

 

実はグラウンドにはあります。

 

 

 

どんな試合でも勝利を目指すことが大切。

 

 

たとえ、チーム事情でベストメンバーが組めなくとも・・・。

 

 

 

この日、

 

私たちが注目したチームは、

 

そもそもの部員が少ない中、

 

競技歴を有するプレーヤーと逆に大学からサッカーを始めたプレーヤーが

 

入り混じるチーム。

 

 

一方、試合の相手は、強豪校。

 

 

いろいろな顔を持つ10人(*負傷者もありキックオフの時点で10人)が

 

生粋の女子サッカープレーヤーのセレクトメンバー11人と

 

グラウンドで対峙する一戦・・・。

 

 

当然、ボールポゼッション(*ボールの支配率)は、

 

11人のチームが圧倒するのですが・・・

 

ただ、それで単純に勝負が決まったわけではありません。

 

 

10人のチームは、

 

自陣に再三押し込まれるかたちになりますが、

 

相手のフィニッシュ、その一歩手前の際どい場面をチーム一丸となり、

 

体を張ってゴールを守り、簡単には得点を許しませんでした。

 

 

逆に、ボールを奪取した後は、

 

するどいカウンターで相手ゴールに迫りました。

 

 

試合終了のホイッスルが鳴った時、勝利を得ることはできませんでしたが、

 

特にそのチーム力と個々のハードワーク・・・

 

とても見応えがありました。

 

 

 

サッカーの試合とは、

 

「人間が自己を表現する」もの。

 

 

その人間が、

 

困難にもめげず

 

目標に向かって

 

前向きに進むする姿

 

それが素晴らしく、観る者の心を打つのです。

 

 

 

これからも子どもたちには、

 

グラウンドの生のプレーを一試合でも多く観て、

 

大切な何かを感じて欲しいと思います。

 

 

f:id:alegruntokai:20171018165101j:plain