読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

不或

先回ですが、

「四十にして惑わず」…という論語の言葉をご紹介しました。

不惑とは、40歳になれば、人生の方向が定まって迷わなくなるという意味で、私自身、理解していました。

しかし・・・

少し“違う”そうです。

 

実は・・・

不惑は、不惑でなく、『不或』」だったということです!(@_@)

「惑」という字は、孔子の時代には存在しなかったそうで、そのため音と形が似た「或」だったのではないかということです。

 

不或?

“或”とは??

 

或は、域の原字だそうです。

つまり不或とは、“区切らず”の意で、

(そのまま直訳すると)「しじゅうにしてくぎらず」となるということになります

 

四十にして区切らず???

ますます分かりにくくなってきました。。。(◎_◎;)

 

人間誰しも四十にもなれば、ある程度の成果を出し、自分に自信ができ、迷いがなくなります。

 

ただ、そこにしがみつくことなく・・・

『更なる(新しい)「領域」にチャレンジしていかなければいけない』という(孔子の)“諭し”ということです。

 

40歳になれば、それなりの人生経験ができている。

だから、迷わなくもなる。

一方で、自分の固定観念ができあがったため、それに固執したり、満足したりしてしまってはいけない。

さらなる成長を目指して、新たな発見に努めるべきだ、ということです。

 

考えれば考えるほど、とても深いですね。

 

昨日も今日も、高校生年代のサッカーを観てきました。

実は、先週も観ました。

先週は、東海リーグ(*プリンスリーグ東海)。

昨日は、愛知県1部リーグ。

本日は、プレミアリーグWEST(*全国リーグ西地区)。

リーグは違えど、高校生年代の(県内外の)強豪と呼ばれるチームの試合を観戦しました。 

 

昨年度も、本当にたくさんの試合を観ました。

国内、近隣のサッカーの状況は、分かってきました。

小学生のサッカー、中学生のサッカー、高校生のサッカー・・・育成年代のサッカーは、大よそ分かってきました。

 

しかし、自身は指導者。

これで満足してはいけません。

『指導者は学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない ロジェ・ルメール

元フランス代表監督の、あまりにも有名な言葉です。

今シーズンのJリーグ、高校サッカーリーグも開幕しています。

アレグランは、子どもたちが16歳になる時(*高校入学)の姿をまず最初の目標に、育成活動に取り組んでいます。

そしてその後、18歳(大人の入り口)に差し掛かった時に、プレーヤーとしても、さらには人間としても、多方面から喜んでいただけるような人物を育てていきたいと、強く想っています。

未来に向けた壮大、且つ時間を要する活動に取り組んでいます。

そのためには、私は常に不或であるべきです。

指導者が自分で自分に域(或)を設けず、成長していかなくてはいけないと考えています。

 

 

 

 

広告を非表示にする