読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

大切な時間、大切な人生、大切な生き方

先週末は、愛知県サッカー選手権大会決勝戦がありました。

会場は、名古屋市港サッカー場

国内アマチュアトップリーグJFLに所属の「FCマルヤス岡崎」と

東海学生リーグ1部リーグの「東海学園大学」が

今年の天皇杯愛知県代表の座をかけて争いました。

f:id:alegruntokai:20160822235055j:plain

 

実力のあるチーム同士の対決は、とても楽しみなカードでした。

 

しかし、会場に着くなり、異様な光景を目にしてしまいました。

港サッカー場は、愛知県名古屋市港区の稲永公園内にある球技場です。

港サッカー場の西隣には、名古屋市野鳥観察館があります。

その正に周辺です。

f:id:alegruntokai:20160823004343j:plain

人、人・・・いたる所に人。

週末でしたので、何かイベントでも開催しているのかな・・・と思い、

時間がなかったので、サッカー場に入りました。

 

試合が終わり、外に出てみますと、まだ“黒山の人だかり”です。

約2時間も何が行われているのか・・・

少し気になったので近づいてみますと・・・

(残念ながら)あれでした。

f:id:alegruntokai:20160823004455j:plain

 

どの人も、老若男女、スマートフォンを片手に行ったり来たり・・・。

ポケモンGOです。

その数・・・数百人?

 

時間の使い方は、自由ですが、

すぐ隣では、愛知の代表の座をかけてギリギリの戦いをしている。

またその隣では、スマホ片手にぶらぶら・・・。

しかし、一日は平等に24時間。

そして、人生はどちらも同じ『一回きり』。

 

2年前、コカ・コーラ社が興味深いCMをつくりましたのでご紹介します。

 

【人生はアルゼンチン代表の試合のようなもの】

youtu.be

☝この動画は日本語ではありませんので、下の日本語訳をご参照ください。

ボカ・ジュニアーズ日本支部さまのFacebookでは、日本語訳つきの動画が観られます。

www.facebook.com

 

人生はアルゼンチン代表の試合によく似ている

 

ピッチに出る

 

愛情いっぱいに迎え入れられる

 

みんな、それぞれの名前をもらい

 

とにかくよく飲み

 

おかしなくらい叫び

 

一秒たりとも落ち着いていられない

 

最初の「15(分)」は

 

希望とポジティブな気持ちで満ち溢れている

 

自分たちで世界を変えてやりたいと思う

 

「30(分)」にもなると

 

勝負しなければならないことを知っているし

 

チャンスをものにしないといけないことも知っている

 

落ち着きをもって「45(分)」をむかえ

 

その「時」を思う存分満喫したいと思う

 

折り返し地点を過ぎると色々と変化が始まる

 

どういう戦い方をすればいいかわかっているし

 

いつ、華麗なプレーをすればいいのか

 

いつ、歯を食いしばって戦えばいいか

 

そして、夢を実現するために

 

いつ、みんな同じ方向を向き、

 

進まなければならないかをわかっている

 

最後の「15(分)」

 

私たちは残された時間を確認する

 

思うように脚が動かないが、

 

熱いハートは今までと変わらない

 

なぜなら、人生では

 

アルゼンチン代表の試合のように

 

勝つことも負けることもある

 

しかし、何より大切なのは

 

ピッチの上で全てを出し尽くすことなんだ

 

「君は僕の人生だ」

 

 

この映像は、サッカーの試合90分間を人生にたとえています。

その内容ひとつひとつが本当に、自身も含めた人間の一生と重なり合う部分があり、

初めて観た時には、この映像から伝わってくるメッセージに、胸が熱くなりました。

 

人生では色々な局面に遭遇します。

正にサッカーと同様です。

その時、その時で、その局面に向き合い、対処しなくてはいけません。

しかし、どの年齢、場面においても求められるものは、何でしょうか?

そして、サッカーの試合と人の人生に共通する一つの大切なものとは何でしょうか?

 

それは、最後に出てきます。

最後の1秒まで最善を尽くすことです。

勝ち負けよりも、実はその姿勢や態度こそが美しく、

生きる(プレーする)うえで最も大切になることです。

 

刻々と人生は流れていきます。

その流れを止めることはできません。

サッカーの試合も同様です。

時にペースを落とすことも必要でしょう。

しかし、よく生きるということを諦めて(道を外れ)

サッカーでいえば、「どうせ負けるから・・・」のように、

適当にタイムアップのホイッスルが鳴るのを待つのは、

私は全く美しいとは思えません。

 

一回きりの人生、どうやって過ごしますか?