アレグラン渡部のサッカーの素

愛知県東海市のスポーツクラブ "アレグラン東海” の代表が、自身のサッカー観を中心に、スポーツ、教育など気になることを素直に書いていきます!

“そこ”にボールがあることの大切さ

ボールを使ったサッカーのトレーニングといえば・・・

 

サッカーを経験したことがない方でも、

ふと真っ先に思いつくのが

『ボールリフティング』

ではないでしょうか。

 

このリフティングというものに関しては、

これまで当ブログ内でも何回か触れてきました。

 

そのリフティングから、考えてみたいことがあります。

 

リフティングの最中に、

 

「インステップでボールを止めて」

 

と指示された時、

 

あなただったらどうしますか?

 

◇自身がボールを触ってご説明いたします。

 

f:id:alegruntokai:20161105110526j:plain

 

“インステップ” で 止める・・・

 

例えば、(ボールは止まっているので)これでOKとしますか??

 

本当に、

「これで大丈夫」(という観念)であれば・・・

 

“ボールコントロール” としては

 

「とても危険」

 

です。

 

 

なぜなら、

 

上の画像では、

 

“インステップ” ではなく、

 

“脛(すね)と足の指辺り”で、

 

『ボールを挟んでいるだけ』

 

だからです。

 

『本来のボールコントロールなら・・・

 

f:id:alegruntokai:20161105110703j:plain

このように、正しいインステップの部位で、

 

ボールを安定させる必要があるはずです。

 

しかし、この姿勢を続けるのは、

 

正直なところ大変です。

 

 

今回のブログで、一体何を伝えたいのか?

 

それは、

 

『ボールをコントロールする』

 

ということには、

 

「こだわりがないといけない」

 

ということです。

 

 

例えば、リフティングについても、

 

「ただボールを落とさなければ良い」

 

というものでは決してありません。

 

そのリフティングの(ボール)タッチが、

 

実際の試合での、

 

トラップやドリブルに繋がらないといけません。

 

適当にボールを触る習慣は、 

 

実戦での“大切な時”に、

 

「イタい」おもいをする結果を招くことになります。

 

 

話は、少し方向が変わりますが、

 

先日、“フットサル”を特集したあるサッカー番組を観ました。

 

フットサルは、ピッチサイズがサッカーに比べて狭い分、

 

さらに正確な、ボールコントロール技術が要求されるといわれます。

 

取り上げられていたのは、小学生年代の全国大会です。

 

少ない放送時間の中、

子どもたちのプレーが映し出されていました。

 

この大会を視察された出演者の方の見解では、

 

「(最近の子どもたちは)技術は上手くなった」

 

でした・・・。

 

しかし、個人的には、気になるシーンが何度もありました。

 

その中、2つだけシーンを取り上げてみます。

〈●実際のシーンを取り上げますが、各チームの皆さまは、大舞台で懸命にプレーされていました。

   記事は、プレーヤー、及びチームの批判では、決してありませんので何卒ご了承ください〉

 

〚シーン❶〛

f:id:alegruntokai:20161107182607j:plain

白のプレーヤーは、

足の裏でボールをコントロールしています。

 

青のディフェンスを足の裏でのプレーで、かわそうとしています。

 

問題は、このシーンの後です。

 

f:id:alegruntokai:20161107183303j:plain

ドラッグバック(プルプッシュV)で、

打開を図ろうとしますが・・・

 

ボールが大きく体から離れてしまいます。

f:id:alegruntokai:20161107200634j:plain

 

当然、

相手(ディフェンダー)は、このスキを逃すわけがありません。

 

f:id:alegruntokai:20161107183651j:plain

 

ボールは奪われてしまいました。

 

この一連の画像を観て、

 ①青のナイスデイフェンス

と捉えるのか

 ②白のボールコントロールの課題

と捉えるのか

 

で、大きな違いが出ます。

 

〚シーン❷〛

f:id:alegruntokai:20161107184506j:plain

オレンジのプレーヤーがボールを持っています。

そのオレンジの攻撃方向は、写真向かって左側です。

 

その方向には、

相手プレーヤーの緑がいますので、

ドリブルの方向を変えて、相手をかわそうとしています。

f:id:alegruntokai:20161107185127j:plain

オレンジのプレーヤーは、

左足のインフロント部分でボールをひっかけ、

右側に抜けようとします。

 

(おそらく・・・

 左足→右足のダブルタッチを試みたのかと想像されます)

f:id:alegruntokai:20161107185216j:plain

しかし、

ボールは大きく右側に離れ、

待ち構える、別の緑の相手プレーヤーに奪われそうになっています。

 

今回取り上げました2つのシーンを観るだけでも、

分かることがあります・・・。

 

それは、

相手をかわした後のボールが、

 

『“そこ”にない』

 

ことです。

 

この2つのプレーとも、

例えばコーンを相手として実行した場合、

何も問題なく、かわすことができたでしょう。

f:id:alegruntokai:20161107192803j:plain

 

また、

相手のレベル(*年齢やディフェンス技術など)に差があれば、

ボールは奪われることはなかったでしょう。

f:id:alegruntokai:20161107193342j:plain

 

しかし、

自身と差がないレベル、また上の相手であれば・・・

 

ボールは、このように失ってしまいます。

 

では、

普段からどのようなことを意識して、トレーニングするべきでしょうか?

 

それは、自身の技術を(*例えばドリブルの場合ですと)

 

「抜けた」

「抜けなかった」

 

だけで、

単純に計ることなく、

 

「ボールが本当にコントロールされているか」

 

つまり、

 

『“そこ” にボールがあるか?』

 

を自身に問いかけながら、

ボール(トレーニング)に向き合うべきです。

 

基礎固めが、大切な小学生の時期。

 

大会での勝ち負けを競うこともいいですが・・・

もっともっと気にすべきポイントがあります。

 

それは、

ボールをコントロールすることに、

正しく取り組むことです。

 

建築の場合も、

確固たる土台(基礎)の上にこそ、

家は建ちます。

 

これからの輝かしい将来に向けて、

大切なことは、基礎基本です。

 

それをきちんと理解できる大人が増えない限り、

明るい未来は見えてきません。

 

「上手い」

とは何か?

 

「将来性がある活動」

とは何か?

 

これらが真っ当にならなければ・・・

 

子どもたちは、

勘違いしたものに憑りつかれ、

その先の将来を失うことにもなりかねません。